Prowの真骨頂であるTideでPRの自動マージを導入する。

前回のエントリ「ProwではじめるChatOps on GitHub。」からProwを完全理解した!と言ってはいけない。Prowの真骨頂はTideにあると思う。 Enable kustomize in kubectl by Liujingfang1 · Pull Request #70875 · kubernetes/kubernetes · GitHub 上記のProwが…

ProwではじめるChatOps on GitHub。

Kubernetesのtest-infraレポジトリにあるProwを試す。ProwはKubernates環境を基盤としたCIとCDのシステムである。 モチベーション Kubernatesを追っている人であれば次のようなコメントのやり取りをGitHub上で見かけたことがあるだろう。 Enable kustomize i…

Knative EventingのSourceにAWS SQSをつかいServiceを起動する

前回のエントリではKnativeの Buildの知見をまとめたが今回は Eventingをまとめる。試したところServerlessを体感できて、これぞKnativeの醍醐味ではという感想である。 モチベーション KnativeのEventingを導入する際にAWS環境ではどのようなAWSサービスを…